専門の医療機関でストレスを解消する|ココロの病をシャットアウト

メンズ

ポジティブに生きる秘訣

悩む中年女性

ストレスは、悪いものと考えられがちですが思考を変えれば悪いものとは言えないです。ストレスがあるからこそ、発散した時により多くの幸せが得られるからです。ストレスがあるからこそ楽しい思いが出来ると思い込んで、ポジティブに生きることが大切です。

View Detail

心の負担を減らす生活

考え込む女性

ストレスは「第2の脳」と呼ばれる腸にも大きく影響するため、腸に何らかの症状が出たら心との関係も意識することが大切です。ストレス発散には運動が最も効果的で、掃除をはじめとする家事を積極的に行うだけでも十分なストレス解消できる運動になります。

View Detail

溜め込みすぎないために

男の人

ストレスを溜め込んでしまうと精神的なその負担は体につながり、体からさまざまな症状が出てくるようになっていきます。悪夢を見たり蕁麻疹が出てくるなど辛い症状が現れてくるのは体が悲鳴を上げている証でもあるのです。

View Detail

現代社会がつくる心の不調

相談

体は心の影響を受ける

経済的に豊かになった現代社会。高い利便性と快適さを実現する一方で、子供から大人まで影響を受ける、ストレス社会と言われています。ストレスは、心理的な問題だけでなく、自律神経や内分泌系、免疫など体にも影響を与えます。強いストレスが持続的に強く作用し続けると、これらの体内反応も持続することになり、体に重大な機能障害を引き起こす可能性もあるのです。機能障害を引き起こした状態を心身症といい、心身症は、頭痛、高血圧、消化器症状など、あらゆる不調が現れます。一見ストレスとは関係なさそうな症状も、元の原因をたどればストレスだった事は多いのです。心理的な問題では、うつ症状などが現れます。気分が憂鬱であり、日常の何をする気力も起きず、睡眠がとれなくなったり、食事さえも美味しく食べられなくなります。このような状態をうつ状態といい、ストレスの多い現代社会では、心の風邪といわれるくらい、多くの人が経験していると言われます。精神的だけでなく、肉体的に過度なストレスがかかった時ももうつ状態になることがあります。怠けなどと考えさらに頑張ろうとすると、どんどん追い詰められ症状は悪化するので、十分に注意することが必要です。

睡眠障害にも注意が必要

ストレスにより眠れなくなる状態を、ストレス性睡眠障害といい、一般的に不眠症と言われる状態です。不眠症はだいたい3つの症状に分けられます。布団に入っても30分以上寝付けない、入眠困難、眠れるが途中で目が覚めて寝付けなくなる、中途覚醒、予定より早く目覚めて眠れなくなる、早朝覚醒です。これらが3つ全部当てはまる場合や、1つだけの場合など、個人差があります。しかしどの症状も、ストレスにより自律神経のバランスが崩れた為、交感神経が緊張し、脳の興奮が高まった為に不眠症になっていると言われます。入眠困難は、布団に入ってもあれこれ心配ごとが頭をめぐり、どんどん脳が緊張、興奮状態になり、頭が冴えてしまいます。中途覚醒は週に3〜4回ほどの症状があり、熟睡感がない為に疲れも取れず、更なるストレスや疲れがたまる原因となります。早朝覚醒には、老人性の場合もありますが、若年層でこの症状が続く場合は、自律神経のバランスが崩れていたり、うつ状態からもよく引き起こされます。睡眠障害の治療は、薬物投与以外にも、日中の過ごし方や、生活リズムの改善、就寝前の過ごし方を工夫することも必要となります。ストレスによる不安は、症状を悪化させると言われています。なので、生活習慣を改善した上で、専門の医療機関を受診しましょう。

心を軽くする方法

女の人

ストレスの解消法には実践すべきものと実践すべきでないものがあり、実践すべきものは瞑想や読書、エクササイズ、音楽を聴くこと、友達や家族に会うことなどがあります。中でも、ヨガはとても人気のエクササイズで心と体を健康にするのに良い運動法となっています。

View Detail