専門の医療機関でストレスを解消する|ココロの病をシャットアウト

男性

心の負担を減らす生活

考え込む女性

心の負担と腸の関係

家庭や学校、職場環境がどんなに良くても、ある程度のストレスを感じることはなかなか避けられません。ストレスが積もると、心の病にも繋がることがありますので、ストレスについての知識を深めることは必須と言えます。ストレスによる代表的な心の病として、うつ病が挙げられますが、この他に腸と関連した病気や症状の存在が明らかになっています。腸は神経細胞が多く、医学的には「第2の脳」と呼ばれるほど高度な臓器です。そのため、精神的にストレスを感じると、腸に様々な症状が現れることがあります。よく、「緊張するとお腹が痛くなる」という話がありますが、実際に精神的な緊張は腹痛や下痢に繋がることがありますし、ストレスが慢性的な下痢の原因になることもあります。ストレスによって腸に症状が出ても、それが精神的なものだと把握するのは容易ではありませんが、基本的な知識としてストレスと腸、心の関わりを理解しておくことで、たとえば医療機関を訪ねる際に胃腸科と心療内科の両方を選択肢に入れておくなどの工夫が可能となります。原因に関わらず、腸の症状自体が更にストレスを招くこともありますので、腸の状態が悪い場合は早めに医師に相談するという注意が必要です。

心身の負担を減らすコツ

ストレスを減らすコツとしては、趣味を楽しんだり、休みの日はしっかり睡眠時間を確保してのんびり過ごすなどが挙げられますが、最も効果的なのは体を動かすことです。運動をすることでストレスが発散されるだけでなく、血流の改善や筋力の向上などで心身ともに良い効果を得られることが分かっています。ストレスが溜まっている状態の人間の身体は、血流が悪くなりがちであることが医学的に分かっており、運動はその点でもストレスの発散に向いているということができます。運動といっても、長時間のジョギングやきついトレーニングなどを行う必要はなく、少し汗ばむ程度にウォーキングをしたり、更には積極的に家事をこなすことも運動になります。特に掃除は筋力をよく使う家事として知られており、家の掃除を積極的にすることで運動の面でもストレスが発散されますし、部屋が綺麗になることで精神的にもリフレッシュすることが可能となります。仕事などでまとまった運動時間を確保することが難しい現代ですが、職場まで歩いたり、お昼時間にちょっと散歩をするだけでも効果があります。何もしないより、少しずつ日常に運動を取り入れることがストレス軽減のコツだと言えるでしょう。