専門の医療機関でストレスを解消する|ココロの病をシャットアウト

男性

ポジティブに生きる秘訣

悩む中年女性

思考を転換する

ストレスは誰もが苦痛を感じるものだと思います。それは、ストレスは体に良くない悪いものだという認識が強いからです。実は考え方によっては、ストレスは一概に悪いものであるとは言えないです。ストレスを感じているからこそ、ストレスが無い時に幸せを感じることが出来るからです。ストレスが溜まった時に、それを発散するために皆行動に移します。発散方法は人それぞれなので、ショッピングをして好きなものを買ったり、美味しいレストランに食事をしに行ったり、スポーツをしたり、趣味に没頭したり、パーティーをしたり様々な方法があります。発散すればスッキリして、とても心が軽くなり気分が良くなります。この気分が良い状態が常に続いていたら、人間はそこまで楽しむことが出来ないのです。楽しい状況がいつも毎日続いていたら、そのうち疲れてしまう時が来ます。ある程度のストレスを抱えているからこそ、発散した時に何倍もの楽しさや嬉しさがやってきます。ストレスなしにその楽しさや嬉しさはやってこないのです。ストレスを抱えることは悪いことではなく、むしろより幸せになるために必要な過程です。ストレスを抱え過ぎて発散できないことは良くないですが、ストレスを抱えて発散することは生きる原動力にもなります。

心身のバランスを取る

ストレスを抱えて、定期的に発散させてまたストレスを抱えてまた発散させる繰り返しは人生にメリハリを与えます。ストレスは、一般的に美容に悪く体にも良くないと言われます。それは程度の問題です。バランスが取れれば、心身ともに良いコンディションを維持することが出来ます。ストレスは、悪いものであると思い込むことはやめて適度に抱えて適度に発散させると思い込むことです。そうしたほうが人生はずっと生きやすくなります。抱えたら良くないと思うから、もっと抱えるようになってもっと苦痛を感じるようになります。考え方を変えるだけで人生も変わります。いかに上手く人生を生きていくかよりも、どうしたら自由に自分らしく生きられるかを追求したほうがずっと生きやすくなります。全員が決まった考え方や生き方をしないといけない決まりはありません。自分がどうすれば一番過ごしやすいのか、考えながら生きていく必要があります。そうすることで、自分に必要なものや足りないものも見えてきます。不安や不満を抱えながら、それにうんざりするのではなく良いエネルギーに変換していきます。そうすれば、不安や不満に遭遇しても自分を追い込むことなく自分の価値観を守っていくことが出来ます。