専門の医療機関でストレスを解消する|ココロの病をシャットアウト

男性

溜め込みすぎないために

男の人

改善または緩和できる方法を

ストレスが溜まりすぎてしまうと精神的に負担がかかり、それは体にも症状が現れてきます。その症状は実は体が悲鳴を上げているSOSのサインでもありまして、普段の生活から何かおかしいと感じる症状が現れてくれば、それはストレスによるものかもしれません。今の時代はストレス社会とよばれることもあり、ストレスを抱えないで生活できる人はほとんどいないかもしれません。なのでストレスを溜めないようにするというよりはストレスを解消又は緩和できる方法を行なっていくことが必要なのかもしれません。ひどくなせば精神への負担が重圧となってしまい、うつ病や精神疾患、そのほか自律神経失調症やパニック障害になる可能性もあるためストレスを甘く見ないで、ちゃんと解消又は緩和できる方法を少しでも取り入れることができるようにしなければなりません。仕事や学業でそのような時間はほとんどないという人が多く存在していたりもしますが、1日に30分マッサージをするだけでも、20分軽い運動を行なうだけでも、10分アロマセラピーを行なうだけでも、5分ヒーリング音楽を聴くだけでも違っていたりするものなのです。1日にまったくストレスを解消又は緩和させる方法を行なわないでいるより、少しの時間だけでも行なうと体や精神への負担は変わってきます。

体に現れるその症状

ストレスから起こる体への症状は人によってさまざまです。風邪や吐き気、めまいや腹痛、蕁麻疹など病気のような症状が現れることもあれば、悪夢を見続けたり歯軋りで朝起きるたびにあご重だるかったり痛かったりすることもあります。腹痛はストレスによって痛みを感じる人は多く、実は腸は第二の脳とも言われるほど精神的な負担に敏感に感じるといわれています。そして蕁麻疹は急性ストレス性蕁麻疹というものがあり、まさにその名のとおりのもので3週間から1ヶ月ほどでその症状が治まりますが蕁麻疹となっている皮膚はかゆみが続いてしまいます。そして悪夢はやはりストレスによって嫌なことを意識するあまりに、夢となって現われてしまう傾向があり眠っている途中で目が覚める人もいます。そのため睡眠不足となってしまう人も少なくありません。歯軋りはストレスを感じて歯を食いしばっている状態で、朝起きるとあごが疲れてしまっているのです。このようにストレスからはいろんな症状を体から現れるものでもありまして、あまりにその症状が強く出てくる場合は精神的な病にかかる前兆という可能性もあります。そのような場合は相談だけでも心療内科やカウンセリングで受け付けていることもあるため、足を運んで相談すると良いかもしれません。